外資系が安い自動車保険ランキングにランクインする理由

外資系が安い自動車保険ランキングにランクインする理由

安い自動車保険ランキングを見てみると、外資系の損害保険会社が良くランクインしています。外資系として知られているのはアクサダイレクト、チューリッヒ保険、AIU保険です。これまで安い自動車保険といえばアメリカンホームダイレクトが常連でしたが、アメリカンホーム保険は2016年3月で自動車保険の新規募集を停止しました。アメリカンホームダイレクトが日本の自動車保険の価格競争に火をつけたといっても過言ではないため、アメリカンホームダイレクトの撤退は、日本の自動車保険が価格面でかつてよりも割安になってきたことを裏付けています。なぜ外資系は安く保険を販売できるのでしょうか

徹底的な合理主義

外資系と国内損保との大きな違いは外資系が合理主義に基づいて事業を展開しているからです。日本では自動車保険を販売するルートとして代理店経由での販売が一般的でしたが、外資系は代理店型ではなく直販型(ダイレクト型)を採用することで、大幅なコストカットを実現しています。代理店手数料を省くことで、割安な保険料を実現しているのです。

テレビコマーシャルによるマーケティング戦略

外資系の自動車保険が安い別の理由はマーケティング戦略にあります。国内損保はカーディーラーなどの代理店を通じて販売する手法をとっていますが、外資系はテレビコマーシャルや新聞の折り込み広告などを利用して、できるだけ多くの目に留まるようにし、販売するマーケティング戦略を採用しています。この方法が功を奏し、外資系は安い自動車保険だというイメージをもってもらえるようになりました。

コストカットを徹底している

外資系は合理主義に加えて、コストカットを惜しみません。ダイレクト型は受け付けや審査を行う人材を減らせるため、人件費を大幅に削減できます。コストカットを行うことはこれまでの日本の国内損保では考えられませんでした。斬新なアイディアを事業に反映させることで安い自動車保険を販売できるようになったのです。