安い自動車保険ランキングにランクインする国内損保とは

安い自動車保険ランキングにランクインする国内損保とは

安い自動車保険のランキングでは外資系損保やネット系損保が上位を占めていますが、国内損保も負けてはいません。保険料で比べてみると、まだまだ割高な保険はいくつもありますが、国内損保も新たな顧客を獲得するため、ニーズに合わせた割安な保険を販売するようになりました。その一つがそんぽ24です。そんぽ24は損保ジャパン日本興亜ホールディングスに属する損害保険会社で、同社のノウハウを生かし、ダイレクト型自動車保険のメリットを反映させた自動車保険を販売しています。

そんぽ24が安い理由

そんぽ24は安い自動車保険ランキングによく登場する自動車保険です。保険料が安くなる理由は、そんぽ24がリスク細分型を採用しているためです。リスク細分型とは年齢や走行距離、自動車の使用用途によって事故発生リスクを算出し、事故発生リスクが小さい人ほど保険料が割安になる制度のことです。リスク細分型を採用することで、レジャーなどでしか車を利用しないドライバーの保険料は大幅に安くなります。

国内損保も団体割引を活用すれば安くなる

国内損保は高いというイメージを持ちがちですが、保険料が安くなる裏ワザがあります。一定の契約者が集まると、グループで割引ができる制度があります。団体割引がそれに当たります。企業は独自に代理店を設立して、社員に募集をかけます。契約する社員が多くなればなるほど割引率がアップするため、保険料は割安になります。契約内容によりますが、外資系損保に匹敵するほどの割安な保険料で契約できることもあります。

安い自動車保険を探す場合は比較が大切

外資系やネット系損保は保険料が安いというイメージを持ちがちですが、国内損保も契約方法によっては割安な保険料で加入できます。もし保険の見直しをした経験がないのであれば、一度自動車保険の見直しをしてみるようおすすめします。できるだけ多くの保険会社の見積もりを取ることで、どこが安いかがわかります。ランキングを参考にして見積もりを取る方法もあります。